フォンス・フローリス古楽院

フォンス・フローリス古楽院は、西欧中世・ルネサンス・バロックの時代の音楽を、主に歌のアンサンブルを中心として実践する人たちのための学びの場です。古い音楽にふさわしい発声の基本、記譜法、声と声によるアンサンブル、言語の感覚、音楽史の知識、そして古い音楽の持つ深い霊性と高貴な精神性を、様々な楽曲を通して、ともに楽しみながら学んでいきましょう。

講座の様子をお知らせする フォンス・フローリス古楽院ブログ もぜひご覧ください。

花井哲郎のもとに学ぶ音楽家たちの2講座の合同発表会はこちら
計歌会&FF古楽道場 合同発表会 イザークのミサ《いとも聡明なおとめ》


◆2017年度講座案内と募集要項(PDFファイル)
 東京 講座案内と申込書(12ページ) 
 関西 講座案内(4ページ)
申込書